ダイエット(「リバウンド」を理解しよう)

ダイエットを初めて最初の頃はしゃにむに頑張りますが、それもだんだん意志が弱くなってきます。

そうするとダイエット中、リバウンドの問題で悩むようになり「リバウンド」という言葉が正しく理解されない場合もあるようなので、注意する必要があります。

リバウンドとは、ダイエット効果で減少した体重が、ダイエット前か、あるいはそれ以上に増加してしまう状態のことです。

体重を減らすという目的は一時的に達したものの、すぐに元に戻ってしまい、最終的にはダイエットに失敗してしまう・・というのが、リバウンドなのです。

リバウンドすると、ダイエット開始前より体重が増えてしまうケースも多く、ダイエットすることが嫌になってしまう場合もあるようです。

リバウンドは、ダイエット中、体重があまり減らなくなった時期に起こりやすいものですが、実際にはリバウンドはしていないのに、リバウンドしたと思い込んでしまうようなこともあるので、気をつけたいものです。

ダイエット中の体というのは、体重や体脂肪率などが変動しやすい状態になっているため、リバウンドではない体重増加もリバウンドだと勘違いしてしまうことがあるようです。

必要もないのに、焦って摂取カロリーをさらに減らしたりしないように、リバウンドについての正しい知識を持つことが大切でしょう。

ダイエット(ダイエットと脂肪燃焼)

ダイエットにもいろいろなアプローチの仕方がありますが、「気になる部分をすっきりさせたい!」というような願いを叶えるためには、いろいろな手段で脂肪を燃焼させることが必要となってきます。

「燃焼系ダイエット」というような言葉もあるように、ダイエットをする多くの人も、どうやって効果的に脂肪を燃焼させようかと頭を悩ませているのではないでしょうか?

脂肪を燃焼させるためには、有酸素運動をしたり、脂肪燃焼を促すダイエット効果の高い成分を積極的に摂取したりすることが重要となります。

体の中に蓄積されてしまった脂肪をエネルギーに変換して消費するためには、一連の手順があります。

ダイエットサプリメントとして有名な「L−カルニチン」は、この脂肪燃焼の手順の中の、特に重要な部分に関与するものです。

脂肪燃焼というのは、筋肉細胞内にあるミトコンドリアで起こる現象ですが、ブドウ糖や遊離脂肪酸などは二つの膜を通過して、二重構造になっているミトコンドリアの内部に入る必要があります。

L−カルニチンは、これらのブドウ糖や遊離脂肪酸などをミトコンドリアに連れていく役目を果たすものであるため、ダイエットの重要なサポーターであるということができます。

ダイエット(L−カルニチンの特徴)

L−カルニチンは、手軽で簡単なダイエットをサポートする成分として注目されているものですが、その実態は、どのようなものなのでしょうか?

L−カルニチンというのは、リジンとメチオニンから構成される成分です。

これは、体の中の脂肪を燃やしてエネルギーに変換するためには必要不可欠な栄養素なので、ダイエットと密接な関係があるということがおわかりいただけるでしょう。

この体脂肪を減らす効果が、L-カルニチンに期待されているのです。

実際、L-カルニチンには体内の脂肪を燃焼させやすくする効果があります。

ダイエットのためには、L−カルニチンは、これから活動を始める朝に摂取した方が効果的であると考えられています。

なぜなら、L−カルニチンを体内に取り入れてから体を動かすことで、体脂肪の燃焼を促すダイエット効果が期待できるからです。

また、朝の摂取が効果的だからといって、一日分を朝にまとめて摂るよりも、毎食後にこまめに摂取するほうが、ダイエットには効果的だといわれています。

適正な量のL−カルニチンを、規則正しく継続して摂ることが、ダイエットには重要だということができそうです。

L−カルニチンは、体内では肝臓で生産されていますが、その量はごく少量です。

L−カルニチンを多く含む食品の筆頭としてあげられるのは、羊肉でしょう。

魚介類の中では、赤貝に多いようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。